わたしのワキ汗どうしたらいいの? 〜ワキ汗の鉄板攻略法〜

ワキ汗問題,ワキガ,多汗症このページでは、夏に向けたワキ汗対策をこれからする方に対して、
「今年こそは、ちゃんと対策をして、恥ずかしい思いをしないようにしたい
いろいろあるワキ汗問題も何からどう手を付けたらいいんだろう…。

 

改善したい気持ちはあるけれど、どのようにやればいいか行き詰ってる。
具体的な方法を教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事のテーマ
”ワキ汗の鉄板攻略法”

 

夏に向けたワキ汗対策、大丈夫ですか?

これからまた、あの暑い夏が始まります。まだ準備できていない人や自信がない人にはまず読んでほしい。

 

 

いろんな方法を試してみたけれど、もうワタシに合うものがないとあきらめられていたりしませんか?

 

もしそんな方がいらっしゃるのであれば、、、
・・・そんな考えは、やめてください。少なくともこのブログ記事を読んでから、次のアクションを。

 

 

それでは初めて行きましょう。

 

 

ワキ汗問題の鉄板攻略法とは??

このページを書くに至ったきっかけは、あるつぶやきサイトでワキ汗に対する問題が勃発していて、
ある方法のことをつぶやいたら思いもよらずいろいろな反応を頂きました。

 

 

「え、そんな方法あるの?」とか、
「それだったら、すぐにでも試してみたい!!」とか、
「それはどこで試せるの?買えるの?」とかとか

 

 

私自身も出会ったときは同じような印象を持っていたのですが、いざ自分で使ってみて納得したので、
これはみなさんのお役に立てるのかも?と思ったこともあり、思い切って一記事書いてみました。(^O^)

 

 

すでに克服されている方や、あまり気にされていない方には不向きかもしれませんが、個人的には、
これ以上のやり方なんてないんじゃないかなと、そんな気がしています。

 

 

このページでは、ワキ汗問題で悩んでいるあなたに向けて、これから到来する暑い夏を共に乗り越えていくために
ワキ汗問題ってどんなものがある?、鉄板攻略法、ワキ汗問題を根こそぎ根絶するうえでのロードブロックとそのソリューションを紹介していきます。

 

 

 

偶然ページに起こしいただいたかもしれませんが、もうあなたは一人ではありません。
わたしとわたしが紹介するこの方法で、包容され、満たされた状態になることと思います。

 

 

この2020年の夏はこの方法で乗り越えましょう。もしかしたら、夏だけじゃなく一年中症状が出てしまう方もおられるかもしれません。でも心配ご無用。

 

 

既にいろいろな対策に取り組んでいるアナタも、思うように効果が出なかったり、なかなか継続しなかったりすることで悩んでいるあなたも、是非最後までご一読ください。

 

 

きっと何かのお役に立てるはずですので。

 

 

 

 

ワキ汗問題の悩みって、どんなもの?

ワキ汗問題,ワキガ,多汗症

 

ワキに関する症状はたくさんありますが、分類してメジャーなものを上げると下記の3つです。
ここに来ていただいたみなさんも、このような症状に該当するのではないでしょうか?

 

 

  1. 症状@ ワキ汗が止まらない、出て出て仕方がない多汗症
  2. 症状A ダラダラ流れるワキ汗が、お気に入りの洋服を黄ばませる。染みてかっこ悪〜い
  3. 症状B ウワー臭い・・、ワキガの臭いがきつすぎる〜

 

各々どのような症状なのか?見ていきましょう。
該当する方や、家族や友達がこのような症状になっているかたもいるかもしれませんね。

 

 

症状@ ワキ汗が多い多汗症

 

 

40才の会社員です。ある一部分だけ、汗がとまらなくて、、困っています。。

 

学生の頃から汗は多い方だと思っていましたが、最近なぜか今までにないところからたくさん汗をかくようになりました。部位はおもに首から。
もちろん昔から出ていたのはワキですが、ワキ以外からも大量の汗をかくようになってしまいました。
頭からかくこともしばしばあります。なので、対策として頭にタオルを巻いて普段過ごしています。若いうちはまだタオルを巻いて仕事をしていることに違和感はありませんでしたが、
年をとるごとに、根本原因である大量の汗を対策したくなりました。真面目な打ち合わせの時とかは困るので。

 

精神的に追い込まれたとき、緊張したとき、苦手なことを言われたときなんかも、汗が止まりません。。。治したいです・・


 

 

 

30代後半、アラサー女子です。未婚です。昔から太った体系ですが、いま現在は体重が80キロあります。

 

体重が関係しているかはわかりませんが、いろいろなところから汗が出ます。昔は気にしていなかったのですが、年齢とともに汗がしたたることが気になるようになりました。
部位は、ワキや手足だけじゃなく、バスト周辺や背中です。背中にツーーっと垂れる汗が、イヤでいイヤで仕方ありません。
仕事内容は、事務所内での事務を主にしていますが、周りの人間と比較してかなり汗っかきのようで、周りが涼しい顔をしている時もこちらは顔を赤くしているときもあります。

 

まずは、ダイエットをしなさい!ということだと思っており、少しずつですが取り組んでいます。でも、時間がかかるのと、夏がくるのでそこでの過ごし方をどうすればいいかわかりません。


 

こんな症状ですね。
一年中汗が止まらない。ワキだけじゃなく、手や足やデリケートゾーンからの汗がひどい症状です。

 

症状A ワキ汗が染みてかっこ悪い

 

 

こんばんわ。質問がありましたので、投稿させて頂きました。32歳女子、財閥の商事系で事務をしております。。

 

会社では毎日制服の着用を要求されており、基本シャツは白いブラウスを着ています。で、最近なぜかわきの下が黄色くなってブルーになっています。
昔はなかったのですが、最近になって出るようになりました。すごく困っているのが、洗っても取れないところ。漂白をしているのですが、それでも完全には取れません。
臭いについては、自分では気になったことはありません。これは周りの反応もかわらず、ワキガの症状はないと自負しています。

 

黄ばみだけを治したいのですが、なにをすればいいのでしょうか?長くなりましたが、お願いします。


 

 

夏の間は着ないようにしているのですが、そこまで気温が上がらない日の場合は、水色系のシャツを着てしまいます。
でも、天気が一転して、カンカン照りになったりすると、大量の汗がでて、シャツの色が変わって目立ってしまいます。
特に変色してしまう部分は、ワキと肩と背中にかけてです。

 

下着の色がわかってしまうぐらいベッチョリなることがあり、恥ずかしいです。何か方法はないものでしょうか?


 

シミに関しては、ワキから液体が出ないようにしたい!という多汗と同じ欲求のほかに、汗が服に乗り移らないようにするにはどうしたらよいのか?
ということだったり、乗り移っても、シミとして残らないようにするにはどうしたら?という問題点が多く見受けられます。

 

 

症状B ワキ汗の臭いが気になっている

 

 

息子の体臭が、最近になって臭くなっている気がします。自分からは言ってこないけど、息子の友達は明らかにわかっていると思います。

 

大学生二十歳です。中学時代から、部活動(野球部)をした後の汗の臭いは気になってはいましたが、普段の生活では無臭でした。でもここ最近は、運動していなくても臭いを感じます。
これをワキガというのでしょうか?治療の中に手術をするのも聞いたことがありますが、そこまでは考えていません。何かいい方法はあるでしょうか?それともやはり、症状によっては注射やいわゆる手術をした方が良いのでしょうか?よろしくおねがいします。


 

 

お医者さんに診てもらったのに、解決策の提示をしてもらえませんでした。汗の量が多く、個人的には臭いは気になるのですがワキガや多汗症じゃないと言われます。

 

スポーツをしたわけでもないし、早く走ったわけでもないのに、結構大量の汗をかきます。そのため夏では着替えを一日に何度も行っています。
何をすればいいのか?本当にわかりません。これから暑くなるので、何かヒントでも構いませんので、ご教授頂きたいです!!!


 

ワキの臭い、ワキガですね。

 

ワキ汗問題で一番多く、悩みが深い症状がこれになります。これから夏本番ですからね、そのような時期には本当に気になりますよね。
人によっては、夏に限らず一年中ずっーーとという方もいるみたいですからね。対策をちゃんとしていきましょう!

 

では次に、各々の鉄板の攻略法について、見ていきましょう。

 

 

ワキ汗問題の鉄板の攻略方法は?

 

結論から言いますと、ワキ汗問題を攻略する鉄板の方法は、

『ワキ汗をコントロールせよ。』

ということです。

 

コントロール control [名](スル)
ちょうどよいぐあいに調節・統制すること。管理。「室温をコントロールする」
2 球技で、ボールを自分の思うところに投げたり蹴(け)ったりすることができる能力。「コントロールのいい投手」
3 レスリングで、寝技の一。相手を四つんばいにして、上から制御すること。

ワキ汗問題,ワキガ,多汗症

そうです。自分のワキなんだから、自分がこうどよい具合に調節・統制すること。ワキを管理せよということです。
具体的な内容は後述していますが、こう考える理由は以下の3つ。

 

ワキをコントロールしない対処方法だと、、、

  • 期待に満足する十分な効果が得られない
  • 効果が長続きしない
  • 香水などでかぶせることは、かえって悪影響を及ぼす

 

というところです。
なので、ワキをコントロールしない対処方法だとどのような解決法があって、それを進めると何が問題になってくるのか?具体的に見ていきたいと思います。

 

 

【多汗症】 ワキ汗をコントロールしない場合の鉄板

 

この症状の方の悩みの方は、先ほどの方のお悩みを要約すると、

 

  • 一年中汗をかいている
  • 汗がとまらない
  • ワキだけじゃなく、手足や首・頭らも汗が大量にでてくる

というような症状です。

 

 

なので、このおうな症状を持っている方は、こうなっても大丈夫なように

  • ワキ汗パッドをつかう
  • 水分を吸収しやすいインナーを着用する
  • 防水処理を施す
  • 着替えをたくさん準備する

 

もしコントロールをしないで、対処しようとするとこんな対策が挙げられます。

 

 

パッドやインナーで汗を吸着させる

 

これは、ワキ汗パッドやわきの下部が4層構造になっていて吸着素材がはいっているようなインナーを着用し、ワキ汗の飛散を防ぐことです。

 

もしこれらのアイテムが近くに内容であれば、マスクやハンカチ、ティッシュで代用。割といいのが、トイレの手洗いのところにある手拭き用のペーパー。
あれは軽いし、吸水性もいいのですが、難点としてはゴワゴワしてしまうところ。

 

ただ、、ほんとに大量の汗をかいてしまう場合には、これらのアイテムでは汗を吸収することができず、結局白いシャツなどの上着を湿らせてしまうという問題が実際に起こっています。
汗っていうのは、災害のときの自然現象みたいなもので、山から森林をなぎ倒しながら濁流が流れてくるかのように、怒涛のように毛穴から噴出してきます。

 

大型のパッドや給水シャツを着ていたとしても、そこには限界があり場合によってはその対策を乗り越えた現象が発生する可能性があることを認識しておかなければなりません。

 

 

 

防止スプレーをワキ接触部に

 

変わり種の対策として、通常は傘や雨の日の靴などに利用している防水スプレーをわきの下が接触するシャツ側に噴霧するという対策です。

 

この方法は、確かにワキ汗部が防水カバーされているので、汗噴出による二次不具合(シミ)を防ぐことができるというアイテムです。
ただ、汗は確かにかきますので、したたり落ちることを許容することになります。

 

ワキの下はガードできますが、ツーーーッと体を伝って結局お腹のあたりを湿らせてしまうんですよね。
だから、対策のようで対策になっていない。が、シミの対策になりえるというモノです。

 

 

着替えを持ち歩く

 

もはや対策と言えるかは微妙なわけですが、想定以上の汗が出てしまった場合には、着替えるのがベストです。
今も昔も、もしかしたらこれが、健康上には一番ベストかもしれません。

 

 

【染み】 ワキ汗をコントロールしない場合の鉄板攻略法

 

染みないようにするには、上記の多汗対策や、防水スプレーで同様に対策できます。

 

でも、そもそも染みてもわかりにくい服を選んで、それを着てしまう。っていうのが対策なんじゃないですかね。
知らず知らずのうちに潜在的に、’そうゆう染みない服’=’自分の夏服’ っていう風に定義していて、そこで服を選ぶ自由を制限してたりするんですよね。

 

 

あと、汗が染みて、黄ばんでしまっても、洗濯して取れればいいじゃん。という解決策も存在します。

 

 

【ワキガ】 ワキ汗をコントロールしない場合の鉄板攻略法

 

ワキ汗をコントロールせずに、ワキガを対策するということは、基本できません。できることとしたら、ワキガを抑制することしかできません。
やれることとしたら例えば、、

 

・可能な限り、清潔に保ち、菌と作用させないことで、異臭の発生を防ぐ

 

・出ても可能な限り臭いを抑える

 

そんなところですが、ワキガ発生のメカニズムからすると、汗が出ることにより菌と反応して臭いが出てしまうわけで、汗が出ることを許容する時点で対策が打てない。となってしまいます。

 

 

ワキのコントロールをしないと、症状の根絶は不可能

 

ここまで、ワキをコントロールしない場合の例を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
紹介した内容は、ことが起こった時の対処療法として、取り入れらえるものもあったのではないでしょうか?

 

 

ですが、冒頭に申し上げたようにこの方法では、ワキ汗をコントロールできている状態ではないので、ワキ汗側の好き勝手されてしまっている状態です。
これを可能な限りコントロールさせるためには、どのようなことを意識し施していけばよいのでしょうか?

 

 

次の記事では、ワキを汗コントロールするためのソリューションについて、書いていきたいと思います。

 

まとめ

この記事の内容をまとめると下記です

  1. 主なワキ汗の症状は3種類(多汗、シミ、ワキガ)
  2. ワキ汗を制するには、ワキ汗のコントロールがMust
  3. コントロールしない場合の鉄板対策の紹介
  4.    →これらは効果が薄かったり、効能期間が短いものも存在しており、根絶はできない

 

次回は、ここで紹介した鉄板を上回る効果が続くワキ汗対策について、まとめて生きたと思います。