行政書士って何をする人?

行政書士とは、年に一回11月に行われる国家試験です

行政書士のお仕事は、幅広いので専門分野を中心に活動している事務所が多いです。主に帰化申請の手続きや建築等の許可申請をメインにしています。大切な書類を作成するプロフェッショナルです。

試験の内容は?!独学でも大丈夫?!

行政書士試験は、年々難しくなってきており合格率も一桁代と難易度があがっています。特に配点の仕方が大きく合否を左右します。大きく分けて法令分野の民法、憲法、行政法、地方自治法、と一般教養の択一問題になります。記述は、民法から2問と行政法から1問出題されます。

法令分野での得点、一般教養での得点そして全体で何点とらなければいけないかそれぞれ規準があります。全体の点数は良くてもどれか一点でも他の分野で足りなければアウトです。

主に行政法からの出題が多いですが、暗記科目であるので点数はとりやすいので得意科目にしましょう。民法も難しくなってきており、論理的思考を試すような問題が増えてきました。言い換えれば、過去問中心の出題は減ってきているのが、難易度が高くなってきている原因です。

独学でも合格は可能なのですが、やはりデメリットをおさえておかれた方が良いです。一番は、情報です。予備校であれば、最新の情報提供をしてもらえるのと講師が重要点を教えてくれるので、安心して勉強に集中できる点です。特に法律初学者の場合は、分からない専門用語も多々出てくるので不安であれば予備校の方が勉強がはかどるかもしれません。まずは、自分ならどのスタイルであれば、継続してやっていけるのか一度ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

行政書士の試験に合格をするためには、さまざまな法律の知識が要求されることから、事前に専門の法律家からアドバイスを受けることが効果的です。