そもそも、宅建ってどんな試験?

宅建とは、宅地建物取引士という正式名称で、一年に一回10月に行われる国家資格です。

受験資格もなく誰でも受けれる点で法律初学者でも挑戦しやすく人気の高い資格となっています。

問題構成は、択一試験のみなのですが、大きく分けて4分野ありその中からさらに様々な科目から構成されています。

その中でも宅建業法という分野が問題数も多く一番得点しやすいのではないでしょうか?

独学でも合格は可能なのか。

独学の一番のメリットは、費用面を抑えることができます。絶対必要なものは、基本書(テキスト)と過去問集です。自分に合った基本書(テキスト)が見つかれば、あとは読み進めながら覚えていくという作業です。最低でもテキストは3周まわせればある程度は理解できると思います。特に宅建業法などは、暗記科目なので自分オリジナルの思い出し方を作りながら勉強していくと頭に入りやすいです。しかし、一番難しいのが民法などの法律分野になってくるのですが、この分野に関してはただ単に暗記中心の勉強では得点するのは難しいです。なぜなら、論理的思考が試されるからです。どこで点数をとるのか戦略をたてながらの勉強することをオススメしますが、捨て問科目は作らず全科目をまわしながら、暗記中心の分野は絶対に落とさない等ケアレスミスに気をつけてしていけば、一発合格できるはずです。

そして過去問は10年分ぐらいを解いているとスピードもついてくるので時間配分の練習にもなります。最後に不安であれば、直前期に模擬試験を受けてみてはいかがでしょうか。

宅建とは、年に一回ある国家試験です。宅建の名称も宅地建物取引士に変わりサムライ業の仲間入りになりました。法律初学者の方でも安心して学べるカリキュラムの宅建の講座がたくさんあります。情報が入ってきます。