スキマ時間の有効活用が合格のコツ

仕事をしながら資格に合格しようとするのは至難の業です。休みの日や家に帰ってからの短い時間を使って勉強しようとしても、なかなかテキストが進まないと感じるのではないでしょうか。仕事をしながら勉強するには、やはりスキマ時間を活用して少しずつでも理解を深めるのが大切です。平日ほんの5分から10分でも続ければ、一週間で30分から1時間もの勉強時間に積み重なります。これに加えて、休みの日の勉強時間も合わせれば一週間で5~6時間は勉強時間を確保できます。

スマートフォンで記憶の管理

単語や重要項目を暗記するとき、一昔前なら、単語帳を使ったり、赤いシートでオレンジ色の文字を隠したりする勉強法が主流でした。最近では紙ベースの暗記方法以外にも、スマートフォンアプリを使った勉強法も注目されています。スマートフォンの操作で済むなら、電車に乗っている間や休み時間、ちょっとした待ち時間にサッと取り出して勉強できるので、忙しい社会人にとって資格試験対策の大きな手助けになることでしょう。

暗記系アプリは、単語の暗記に特化した機能が付いていて、デジタル単語帳として使えるのが特徴です。アプリに単語を登録し、単語帳をめくる感覚で進めていきます。意味が分かれば正解、分からなければ不正解のボタンを選択していくだけ。不正解を選んだ単語の意味が分かるまで、何度でも繰り返して表示されます。アプリが自動的に不正解した単語を管理してくれるので、手間が省けて楽ちんです。

中小企業診断士の講座に申し込みをすることで、独学では対処をすることが難しい範囲の学習を重点的に行うことができます。