相続税はどういうものなの?

相続税とは、父や母等の親族がお亡くなりになり、その死亡してしまった方から法律で定められた金額以上の財産を受け継ぐ場合において、その死亡を知った日から10月以内に税務署に申告・納付を行わなければならない法律です。この相続税、法律で定められた一定以上の財産を承継する場合においては、誰もが国に相続税を支払わなければならない法律であり、10月以内に申告・納付を行わないと、重加算税や、延滞税等の様々なペナルティを課されてしまうこととなります。その為、いかに早く事前の準備を行うかが、節税対策となる法律なのです。

簡単に対策できる方法ってあるの?

この相続税、誰でも簡単に行える節税対策が存在しています。それは、お父さんやお母さん等の親族から年間110万円までの贈与を受ける事です。贈与は法律上年間110万円までは無税となり、これを出来るだけ早い段階から行うことにより、お父さんお母さんの相続対象となる財産が減少し、相続発生時に支払うべき現金を自分のものとしてプール出来るという2つの利点を有する方法となります。この方法は、お父さんお母さん等親族が、死亡した日から遡ること3年までに行われたものである場合には、相続税の対象となってしまうので、出来るだけ早い段階から行わなければならない方法です。

じゃあどうすればいいの?他に方法はないの?

年間110万円までの贈与による相続税対策以外にも各種対策方法は存在していますが、その方法は複雑であり、またどちらの対策が正しいのかの判断も素人ではなかなか行うことは難しいです。よって、相続の準備を行う場合には、なるべく早い段階でその道のプロである、税理士や弁護士のもとに赴き様々なアドバイスの提供を受けつつ対策を練るのがベストな方法であると言えます。

相続税相談は税理士や弁護士、司法書士、信託銀行にすることになるでしょう。親族同士で費用などの面を考えた上でどこに相談するかを決めましょう。