初心者には銘柄選びが一つのリスク

株価の上下動を掴めば、株で儲けることができます。こうした原理の簡潔さから、初めて株取引を始めようと思っている人にとっては、簡単に株取引で儲けられるように錯覚してしまいます。しかし、実際これは大変難しいことです。日本取引所グループ発表の上場している会社数は、全ての市場で3500社を超えています。この中から株価が動いている銘柄を、まさに1秒を争う状況下で探し出して素早く判断して取引を行わなければなりません。当然初心者にとってこうした芸当は至難の業であり、銘柄選びが一つのリスク要因ともなりかねないのです。

勝つことよりも負けないことが重要

これは株取引に当たる際の心構えとして喧しく言われることですが、とにかく利益を出すことよりも、損失を出さないようにすることが最も重要です。銘柄選びにおいては勝てる株を探すことが主題になりますが、そこからの取引ではとにかく負けないことを重視して運用を行わなければなりません。これも株取引初心者にとっては大変難しいことになります。

初心者でも絶対に負けない株取引がある!?

一方で、じっくりと銘柄選びができ、損失が出ることを全く考慮しなくても良い、完全な初心者向けの株取引の方法があります。それは、信用取引を併用した株主優待権の取得です。本来株主優待の特典がある銘柄は、その権利が発生した直後から株価が大きく下がる傾向にあります。優待を得ても株価が落ちてしまっては、元も子もありません。しかし、優待を得たい銘柄を現物買いすると同時に、信用取引で空売りを仕掛けておけば、株価がどれだけ変動しようとも損利が相殺され、株価リスクに関わりなく優待を得ることができます。つまり、自分が欲しい優待で銘柄を選ぶことができるのです。

株の信用取引の金利を計算するにあたり、いくつかの証券会社のサポートの内容や投資額の総額などを確かめることが重要です。