ファンドラップではプロの意見を参考にできます

通常の投資信託を行う場合、ファンド選びや管理、見直しなど最初から最後まで自分の判断で行わなければなりません。もちろん、世界や日本経済の流れに敏感で投資に慣れた人にとっては、意思決定から行動までの動きが早くなるため個人で投資信託を運用する方が良い結果を出せることになるかもしれません。しかし、余裕資金はあるが投資経験が無い人にとってはどこから手を付ければ良いか判断できない場合もあります。そのような時ファンドラップを利用すれば、投資信託を運用する際にプロの意見を参考にすることができます。ファンドの選定や運用に関してのアドバイスを受けることができ、投資初心者にとってはファンドラップを利用する大きな付加価値となることは間違いありません。

ファンドラップを利用する価値

通常の投資信託と同様、ファンドラップを利用した投資信託の運用期間中も信託報酬はかかります。通常の場合にかかる投資信託購入時の販売手数料はかかりませんが、契約資産の時価評価額に応じて、投資顧問手数料や取引管理手数料などのファンドラップフィーが徴収されます。ファンドラップではプロの意見を取り入れながら投資信託を運用することができるため、個人でも気軽に投資をすることが可能となるサービスです。もちろん付加価値は大きくなりますが、信託報酬とファンドラップフィーを合わせて2%前後のコストを毎年支払ってまでファンドラップの運用を行うか価値があるかどうかが判断の分かれ目になります。

jリートのファンドは、年5%を越える高い利回りを期待できます。不動産を取り扱うファンドなので、元本割れしづらい安全性の高さも魅力です。