決済の仕方と支払い回数の違い

クレジットカードは発行会社の審査を受け、信用できると判断された方が入会を許されて初めて発行される物で、カード会社の加盟店で買い物をした時に、立替払いしてもらえます。締め日の翌月に一括や分割での支払い、リボ払いなど利用計画に合わせて様々な支払い方法が選べます。一方、デビッドカードの場合は、キャッシュカードに即時引き落とし機能が付けられ、クレジットカードの国際ブランド等のシステムを利用して、預金口座から直接引き落として決済ができるものです。口座残高が利用限度額となり、口座に付帯している機能のため審査がないことが多く、信用度が低いことから、一括払いしか選択できません。

デビッドカードの利用に向いている人

デビッドカードは、決済利用した即時に引き落とされるのが原則のため、利用する前に口座に十分な現金を用意しなくてはいけません。審査が必要なデビッドカードの場合は、当座貸越機能が付いているので、残高不足でも一時的に立替が可能なことがあります。現金払いが中心で、クレジットカード決済しかできない店舗等で代用したい方、アプリ等で管理できることから、預金口座の範囲内で計画的に利用したい方に向いています。債務整理や延滞の情報が記載されていて、クレジットカードの作成ができない方も、審査の必要がない物であれば利用できます。利用制限の金額も自由に設定できるので、口座に十分な金額を入金すれば高額決済も可能です。クレジットカードのように不正検知システムが作動して利用が一時的に止まることもありません。ただし、月々のサービス料金の支払いや、一部の加盟店では利用できないので注意してください。

決済代行とは代わりに決済を行ってくれるサービスですが、クレカや電子マネー、コンビニ支払いなど決済方法が増えることによりEC取引の幅が広がるのが魅力です。